読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エヌアイン完全世界マリリンまとめ

エヌアイン完全世界のマリリンについてまとめました

対塞戦

圧倒的なキャラパワーの前に押さえつけられる気分にもなるが、塞側からすればわりとめんどくさいキャラのはずなのでしっかり対策していきたい。
個人的に少なくとも5分は付けれるので強気に殴りたい。


地上戦
お互いに何かが刺さると1ゲージで大体端まで運ぶので基本は中央付近で刺し合い合戦になると思われる。

塞の5B、2Bをスカした時は刺し返しのAイーアルから確実に端まで運びたい。
またこちらから触る時は5B、2Cで触る事になる。
5Bはスカると痛いので確実に触れそうな距離で振ると良い。

気を付けたいのはこちらの5Bの距離で突然振られる全てを壊す塞5C。
足から冷蔵庫みたいな判定が出てるのでかち合うとほぼ確実に負ける。
これに対して置き2Aが機能するが、2Aは塞5B、2Bに負けるのであまり多用しすぎないようにする。

1度端まで運べば塞側は詐欺飛びを返しにくく、対塞戦の詐欺飛びは他キャラ以上にF的に余裕があるのでそのまま閉じ込めて殺したい。
端まで追い込めば暴れられても端まで運ばれて邪視が付く事はないのでもう1回読み合える。
そこでこちらの2Aなりなんなりを通せばまた端まで運べるので塞戦は他キャラの塞戦よりもイケる気がしている。


また突然打たれる中距離遠距離のC肘やC側宙は見てからカスイで黙らせたい。リターン大。


飛び関連
塞もマリリンも地上対空があまり強くないので空対空が基本になる。
特筆する事は無いが、塞のJCを読み切った時は歩いて背面を狙いたい。


邪視関連
塞戦で最も悩むであろう特攻邪視が付いた後の動き。
マリリン側がする事は
・ガード
・昇り攻性
・Aイーアル入れ込み2A
・各種カスイ
・2C
になる。

ガードと昇り攻性は良いとして、まずはAイーアル入れ込み2A。
低姿勢かつイーアルまで入れ込む事でヒット確認から特攻イーアルもしくは特攻カスイを当てて一気に距離を離す事が出来る。
小パンで暴れる時はこれ一択。

カスイ
ガードゲージに余裕が無いと元も子も無いが、攻性押すよりカスイを出したい。
見てから対策されないためにもAかBで出す。ガードされた場合は特攻イーアルまで入れたいが距離によって特攻イーアルがスカってフルコン食らうので気を付ける。

2C
リーチが長く低姿勢。当たればダウンなので前に出れる。
密着でガードされると確反なので気を付ける。


邪視が付くとキツいのは他キャラと変わらないのである程度は仕方ない物として、そもそも邪視が付いたらゲームオーバーと思っているので他キャラより邪視が付きにくいマリリンは塞戦イケる。多分。

 

細かい確反とか
必殺技とかで知ってたが良さそうな分だけ

マリリン6C→ガードで塞A肘、特攻肘確反。
マリリン2C→密着ガードで塞A肘、特攻肘確反。
塞5C→密着ガードでマリリン3ゲージ確反。