読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エヌアイン完全世界マリリンまとめ

エヌアイン完全世界のマリリンについてまとめました

対不律

有利。落ち着いて動いてもよし、カスイで壊してもよしのマリリン主体で試合が動きやすい。

地上戦
近くに寄れば2Aや5Bで触ってゴリゴリ押して行ける。またバクステを多用するようなら近距離でもBイーアルを打つ事でバクステを狩れる。
距離が離れると基本は刺し返しを狙いながら時折2B2Cで足を止めにくる不律と刺し返しを狙いつつ5Bやイーアルで触れる距離まで歩くマリリンという図が出来る。

飛びたくもなるが不律の対空は強力なので飛ぶ際は気を付ける。

不律2B、2Cがスカった場合は歩いて2CやBイーアルでしっかり刺し返して端へ追い込む。
こちらもスカると刺し返しが痛いので気を付ける。
また刺し返しを狙う距離でCカスイホールドで突っ込むのもあり。不律側が技を振ってるのを確認してボタンを離せるのが理想だがヒットガード関係無く1ゲージ吐いて特攻イーアルまで入れ込むのも大いにアリなので困った時はパナしても良い。

不律は刀での攻撃をガードされると弾くモーションがあるため、カスイのGPで刀の攻撃を取った場合カスイが確定するので他キャラ以上にカスイが機能する。

 

対空周り
不律の対空が昇りJB、空投げ、背面近2Bとどれも強力なのであまりうかつに飛べないが、2Cなどに噛み合うと非常にリターンは大きいので前飛びで不律の動きを確認→何か出してたらそのまま攻撃。何も出してない場合は後ろに2段Jで様子見をする。
エヌアインの基本でもあるけど不律戦は特に重要。

不律の飛びに対して、他キャラ以上にAカスイ対空が役に立つ。
そもそも不律が飛ぶの?とも思うが、リターンを求めて前飛びJBをしてくる不律に対してAカスイを打つと地上で刀を弾いた時と同じくカスイが確定するのでJBを読んだ場合は狙っていきたい。

 

端付近
他キャラと同じく詐欺飛びをする事になるのだが特攻前駆で逃げられる。
特攻前駆に対してしっかり追いかけた後、5Bを打つと不律のバクステに引っかかるので一つの逃げパターンである前駆バクステを潰す事が出来る。これに対して不律が暴れたりリバサ攻性を押すなら強気Cカスイや様子見の重い択が入るのでしっかりプレッシャーをかけていきたい。

 

ネタとか

不律の刀攻撃を密着ガード→マリリン3ゲージが確反。
マリリン起き攻め時に密着で5B、6C→不律のリバサバクステを狩れる。

同キャラ

カスイを見てカスイを打てたら気持ち良いです。

あとは6CにAイーアルが確定とかそれぐらい。

対塞戦

圧倒的なキャラパワーの前に押さえつけられる気分にもなるが、塞側からすればわりとめんどくさいキャラのはずなのでしっかり対策していきたい。
個人的に少なくとも5分は付けれるので強気に殴りたい。


地上戦
お互いに何かが刺さると1ゲージで大体端まで運ぶので基本は中央付近で刺し合い合戦になると思われる。

塞の5B、2Bをスカした時は刺し返しのAイーアルから確実に端まで運びたい。
またこちらから触る時は5B、2Cで触る事になる。
5Bはスカると痛いので確実に触れそうな距離で振ると良い。

気を付けたいのはこちらの5Bの距離で突然振られる全てを壊す塞5C。
足から冷蔵庫みたいな判定が出てるのでかち合うとほぼ確実に負ける。
これに対して置き2Aが機能するが、2Aは塞5B、2Bに負けるのであまり多用しすぎないようにする。

1度端まで運べば塞側は詐欺飛びを返しにくく、対塞戦の詐欺飛びは他キャラ以上にF的に余裕があるのでそのまま閉じ込めて殺したい。
端まで追い込めば暴れられても端まで運ばれて邪視が付く事はないのでもう1回読み合える。
そこでこちらの2Aなりなんなりを通せばまた端まで運べるので塞戦は他キャラの塞戦よりもイケる気がしている。


また突然打たれる中距離遠距離のC肘やC側宙は見てからカスイで黙らせたい。リターン大。


飛び関連
塞もマリリンも地上対空があまり強くないので空対空が基本になる。
特筆する事は無いが、塞のJCを読み切った時は歩いて背面を狙いたい。


邪視関連
塞戦で最も悩むであろう特攻邪視が付いた後の動き。
マリリン側がする事は
・ガード
・昇り攻性
・Aイーアル入れ込み2A
・各種カスイ
・2C
になる。

ガードと昇り攻性は良いとして、まずはAイーアル入れ込み2A。
低姿勢かつイーアルまで入れ込む事でヒット確認から特攻イーアルもしくは特攻カスイを当てて一気に距離を離す事が出来る。
小パンで暴れる時はこれ一択。

カスイ
ガードゲージに余裕が無いと元も子も無いが、攻性押すよりカスイを出したい。
見てから対策されないためにもAかBで出す。ガードされた場合は特攻イーアルまで入れたいが距離によって特攻イーアルがスカってフルコン食らうので気を付ける。

2C
リーチが長く低姿勢。当たればダウンなので前に出れる。
密着でガードされると確反なので気を付ける。


邪視が付くとキツいのは他キャラと変わらないのである程度は仕方ない物として、そもそも邪視が付いたらゲームオーバーと思っているので他キャラより邪視が付きにくいマリリンは塞戦イケる。多分。

 

細かい確反とか
必殺技とかで知ってたが良さそうな分だけ

マリリン6C→ガードで塞A肘、特攻肘確反。
マリリン2C→密着ガードで塞A肘、特攻肘確反。
塞5C→密着ガードでマリリン3ゲージ確反。

対鼎

不利は不利だがマリリンだから不利、というわけでもない。暴力には暴力で対抗したい。

 

地上戦

とにかく鼎2Cがキツい。

マリリンの5B、カスイがスカる程の低姿勢かつ長いリーチで地上は2Cで制圧されてしまう。

 

一応下がってスカせば2CやBイーアルで刺し返せるのでチャンスがあればしっかりダメージを取っておきたい。

が、刺し返すために下がっているとラインを上げられ邦題なので、2Cやイーアルを置いて追い返していきたい。

 

また鼎2Cにこちらの飛びが噛み合うとフルコンなので飛びを通す事も大事な勝ち筋になる。

 

こちらから触った時にはイーアル派生やカスイ等でガードゲージを削りたいが、あまりやりすぎると特攻四方や当て身等で割られて位置入れ替えくらってそのまま…という事もあるので注意したい。

 

 

対空関連

こちら側の対空は普段通りに空対空をする事になるのだが気を付けたいのは鼎の早出しJC。

空対空を狙った時にJCを食らうと着地からB四方重ねだったり着地から登りコマ投げを食らって大ダメージを貰うきっかけになってしまう。

早出しを頻繁にされる場合は歩いて背面対空を狙いたい。

 

こちらから飛ぶ場合は

JC早出し=特攻極楽鳥、当て身、登り空対空に勝ち。

JCちょい早出し=2Bに勝ち。

JC、JBで普通に飛び=様子見に勝ち。

と他キャラよりも色々な勝ち負けのパターンがある。

基本はセオリー通りに普通に飛ぶ事になるが、それに対しては鼎が何をするかを見てから飛びのパターンを増やしてジャンケンしていきたい。

 

 

地上にしても飛びにしても、普通に戦っては基本何も生まれない。

相手がどれだけマリリンに理解があるかにもよるが、いかに荒らしきれるかが問題になるので気持ちを強く持って殴り合いたい。

 

対アカツキ

アカツキ

実はエヌアインよりも面倒な地上戦に火力差など悩まされる部分は多いが人口が多く対戦回数も増えるのでしっかり対策したい。

 

地上戦

対エヌアインの地上戦と同じ流れにしたい。

基本は刺し返しを狙っていきたいが、エヌアイン以上にラインを上げられると面倒な上、全てを壊すC徹甲のせいで非常に悩ましい。

アカツキ側は刺し合いになると不利なのでエヌアイン以上に前に出て触りにくる。そこでマリリンが下がってしまうとラインが下がり1度捕まるとそこから端の詐欺飛びループが始まってしまう。

マリリンは防御力が低いのですぐにガークラ値を削られてそのまま死ぬ事がよくある。

そうならないためにもマリリン側から置き5Bを出すとアカツキ2Bに刺され確認C徹甲特攻徹甲で端に着く。

マリリンの方がリーチは長いが、故に苦しくなると言う困った地上戦。

 

とはいえリーチが長いのは事実なのでいかに誘って刺すかが大事。1度刺せば画面端ゲットなので精神的に大分楽になる。

 

ゲージを持ったアカツキがC徹甲で触りにくる事はよくあると思うが、ガード後アカツキがキャンセルしてない場合はAイーアルが確反になるのでしっかり決めていきたい。

 

 

アカツキ側が端で崩した場合のコンボがノーゲージでも3000オーバー。1ゲージ吐けば5000近く持って行かれる事もあるがそれに対してマリリンが端で崩してノーゲージ詐欺飛びルートで約2000、1ゲージ吐いても約3000と火力差が出る。

またアカツキのA昇龍が発生3Fの為詐欺飛びをする際は3F詐欺をする事になる。これが中々安定しないためアカツキ戦は詐欺飛びせずに毎回火力を取って普通に起き攻めをする。

もしくは詐欺飛びルート時にリバサA昇龍を読んだら起き攻めで深めに2段ジャンプをする事で昇龍がスカりマリリンが先に着地、背面始動の特攻イーアルコンで反対側の端まで持っていく事も出来る為1度詐欺飛びを見せた後などに積極的に狙っていくのも良い。

 

 

対空周り

アカツキの昇龍対空にだけ注意して普通に飛べば特に言う事は無い。

マリリン側の対空は空対空をしていく事になる。

アカツキJBの判定が後ろにもしっかり強いので背面対空はあまり狙わない方が無難。

 

小ネタ程度に

アカツキの各徹甲の一段目はマリリンの2Aで避ける事が出来る。

もしA徹甲だった場合はそのまま2Aをもう一回押せば硬直にささり、B、C徹甲だった場合は攻性やカスイ、各無敵技などで割り込む事が出来る。正直一段目を避けた時点でA版かB、C版かは区別はつかないが一応覚えておくと役に立つかもしれない。

 

 

対テンペル

対テンペル戦の事

お互いやりたい事が噛み合わない組み合わせのイメージ

 

地上戦

地上戦で捕まえたいが為に歩くマリリンに対して6Bを打たれるのがわりと面倒臭い。

ガード後最速でボタンを押すと何故かスカるので気を付ける。

 

1度捕まえたら確実に端に連れていき、なるべく端で倒したい。昇龍持ちなので暴れに気を付けて1度崩したら詐欺飛びへ。

 

 

空対空

一応テンペルが有利かと思うが上からJCとかされない限り基本はJBで大体落とせるはず。

また後ろに飛ぶテンペルに対して無理に付き合わずに歩いてラインを上げるのも大事。

テンペルが前に飛んだら潜って背面対空を狙う。

 

あとは特別意識する事は無いと思う。

何かしっかりした対策が練れたらまた書きます。

対カティ

対カティ戦の事

 

地上戦

キツい。カティ5B2Bが非常にキツい。

地上戦はお互いが触れるか触れないかの距離でウロウロする事が多い。マリリン側がやる事は置きBイーアルと刺し込み2C。5BとAイーアルが機能しない距離にいる事が大体なのでお願い気味に置くBイーアルと転ばしてラインを上げるための2Cを振る。

適当に5Bを置くと刺し返されるので気を付ける。

 

捕まえて端に行って固めても昇龍のせいで萎縮気味になってしまう。ただ詐欺飛びは楽な部類なのでしっかり重ねていく。出来れば攻性仕込みでする。

 

カティ側の固めのCをガードしたらCカスイを打つのもあり。追加Cをガードポイントで取って殴れるorガードされても特攻イーアルで無理矢理ターンを作れる。

 

体力リードされると苦しいのでチャンスの時は強気に殴りに行って良い。

 

カティの飛びに対して一番狙いたいのが背面対空。マリリンは歩きが早いので前飛びさえさせれば背面が取りやすい。

 

ただ基本カティ側は自分から飛ばなくて良いのでいかに甘い飛びをさせるかというのが課題になる。